個人民事再生とは

「個人再生」とは、住宅ローン以外の借金を大幅に減額し、住宅ローンを返済してマイホームを維持する制度です。

個人民事再生手続は、任意整理とは違い、裁判所に申し立てます。

住宅ローンは減額されませんが、それ以外の借金については5分の1程度に減額され、原則として3年(やむをえない理由がある場合には5年)で分割して返済していくことになります。

例えば500万円の借金があったとすると、何もしなければ毎月10万円以上支払わなければいけませんが、100万円までカットされ、3年で返済するとすると、毎月の返済額は2.8万円程度になります。

個人民事再生を行うための条件

個人民事再生を行うには、いくつか条件があります。

1.個人である

会社は利用できないが、個人事業主は利用することができます

 

2.債務総額が5,000万円以下である

債務総額の中に、住宅ローンは含まれません

3.継続的な収入がある

手続後も債権者に支払いをしなければならないので、継続的な収入が必要です。

4.今後3年間の返済が見込める

3年以内での返済が原則となります。

(3年での返済が難しい場合には5年以内になることもあります。)
実現性のない再生手続は認められません。

借金の問題には必ず解決策があります。ご相談に来られた方が最も幸せになれるような解決をご提案いたします。