個人民事再生手続の流れ

1.弁護士が債権者へ受任通知(あなたの個人再生を任務として受けた旨の連絡)を発送

   図2.png

2.裁判所に申し立て
あなたの管轄(裁判をする資格のある場所)の地方裁判所へ申し立てを行います。

図2.png

3.再生手続の開始
申し立てが要件を満たし、書類に不備がなければ、再生手続の開始決定が出ます。

図2.png

4.債権額の確定
債権額に異議がある場合には、異議を述べることもできます。

図2.png

5.再生計画案の作成

今後の支払方法を定めた再生計画案を作成します。

図2.png

6.債権者の書面決議(実質的に過半数の同意が必要)または債権者からの意見聴取

(一部の再生手続では、書面決議はありません)

図2.png

7.再生計画の認可
債権者からの反対が出ず、裁判所から認可の決定が下り、それが確定することにより手続が終了となります。

図2.png

8.返済開始
再生計画案に従って、債権者への返済を開始します。

借金の問題には必ず解決策があります。ご相談に来られた方が最も幸せになれるような解決をご提案いたします。