個人再生手続のメリットとデメリット

個人再生のメリット

1.住宅資金特別条項により、住宅を手放す必要がなくなる

但し、住宅ローンが減額されるわけではなく、支払義務はそのまま残ります

2.返済が止まる

弁護士が入ることによって、一時的にではありますが住宅ローン以外の返済が止まります。

3.借金が減る

個人再生の場合、住宅ローン以外の借金については大幅に減額されます。
具体的にどれくらい減額されるかは、下記の通りです。

債務の総額が
100万円未満のとき(例70万円)
減額なし(例70万円のまま)
債務の総額が
100万円~500万円以下のとき
最大100万円まで減額可能です
債務の総額が
500万円~1,500万円未満のとき
最大5分の1まで減額可能です
債務の総額が
1,500万円~3,000万円以下のとき
最大300万円まで減額可能です
債務の総額が
3,000万円~5,000万円以下のとき
(例4000万円)
最大10分の1まで減額可能です
(例400万円になります)

 

4.過払い金の返還を請求きる

ただし引き直し計算により、過払い金の存在が明確化した場合。

 

個人再生のデメリット

1. ブラックリスト(正確には信用情報機関)に登録される

信用情報機関に事故情報として登録されるため、目安として5~7年間は自分名義で借金やローンができなくなります
なお、官報にも掲載されますが、一般の人の目にはつきません。
銀行のキャッシュカードは作れますし、金融機関からの振込み、引き落とし等は原則として通常通り行うことができます 。

2.手続きが煩雑であり、簡単に実行できない

他の債務整理方法と異なり、手続きが非常に煩雑であるため、自分だけでやることは困難です。

3.費用が高い

大幅に借金を減額できますが、裁判所への予納金などの費用がかかります。

借金の問題には必ず解決策があります。ご相談に来られた方が最も幸せになれるような解決をご提案いたします。