個人民事再生の体験談

個人民事再生の体験談の一部を掲載しております。

弁護士 これが再生計画です。この通り払ってください。

依頼者    ああ、今後5年かかって払うやつですね。支払方法は引落しでしたいんですけど。

 

弁護士    いやいや振込です。各社にそれぞれ振込です。

 

依頼者    わかりました。でも長い間お世話になりました。ほんとややこしい手続きで、絶対他じゃできなかったですよね。

 

弁護士    まあそんなことはないけど。結局、単に払う任意整理とも、全く払わない破産とも違って、何を払うのか何を払わないのか難しいからね。

 

依頼者    そうですね。でも最初の時、先生から「ぐちゃぐちゃ考え込まないで住宅ローンだけまずは払ってください。とにかく今まで通り全額。それ以外考えない。」

「普通の借金はとにかく払えというまで払わない。払う金額も100万かもう少し。月額は16,000円~2万円くらい。60回払い」、「これがベースで、あとは難しい話好きな人は何時間でも話すし、嫌いなら任せてください」と言われたとき、わかりやすいなと。

 

弁護士    ああ、医者でも弁護士でも、専門用語で話す奴、大きらいなんですよ。たぶんそれしかできない奴は本人自体が本当には分かってないし。

 

依頼者    私も細かい事いわれてもよくわからないし、「じゃあ基本任せます。でもなんで総額が100万かそれ以上なのかわからないの?」って聞いたんでしたよね。簡単に教えてって。

 

弁護士    そうそう。財産すっからかんなら100万。100万以上のいいモノ持ってたらその額。

依頼者    いいモノって?

 

弁護士    現金か、現金じゃなくても保険の返戻金とか退職金も。ただ退職金はその額が財産ではなくて、その8分の1が財産。

 

依頼者    そうでしたね。私も退職金あるか聞かれました。私が「退職金なんて制度が会社にはない」って言ったら「じゃあ面倒くさいからいいね」っておわってしまいましたね(笑)。結局100万だねって。

 

依頼者    そうそう、それで先生が裁判所に申込に行って、再生委員の先生の所に1回行って。で行ったら、堅い先生で、私からすると「ザ・弁護士護士」って感じだった。帰り道、先生と「細かい人だよね。あれじゃ結婚できないよ」と笑い話しましたよね。変な話、緊張したけど楽しく終わりました。

 

弁護士    確かに、細かい面倒な話ほどまずはおおざっぱな理解をしたほうが、本質を理解できると思うんだけどね。お互い気も滅入らないし。

 

依頼者    やっていく内に、再生委員の支払をしたり、再生委員の先生からの宿題をこなしたりして、私も自覚ができました。

 

弁護士    家があって、家族もあるんだから自覚は必要でしょ。家もオリンピック終わったら値下がりするだろうし、本当に守る価値あるかはケースバイケースだけどね…

 

依頼者    嫌なこといわないでくださいよ(笑)

 

弁護士    まあ、とにかく5年間1.6万円、病気しなければ払えるはずですから、頑張ってくださいね!

 

依頼者    長い間お世話になりました。

 

借金の問題には必ず解決策があります。ご相談に来られた方が最も幸せになれるような解決をご提案いたします。