債権者から訴えられた場合には?

訴えられる理由としては貸したお金を返してくれないからという真っ当な理由のため、訴えられた側のほうはその内容に虚偽が無い限り、異議申し立てを行う事もまずありませんから、もし訴えられた場合には訴状の内容を確認する必要があるでしょう。
訴えられた場合に届く書類は訴状と支払督促の2種類があり、訴状は誰がどういった理由で訴えを起こすのか、どのような解決を望んでいるかが記載されており、裁判所への出頭日が記載されています。その内容について意見がある場合は2週間以内に異議もう仕立てを記載した答弁書を裁判所へ送付する必要が出てきます。
もう一つの支払督促については、債権者が訴えを起こす場合に使用するのが支払督促と呼ばれる方法で、この支払督促は債権者側の意見のみを聞いて行われるため、費用も時間もかからないため最も多く利用される方法となっています。この支払督促は簡単に言えば貸したお金を一括で返済してくださいと言う督促ですので、借金を延滞している側としてはほぼ支払いに応じることが出来ない内容となっています。もしこの支払督促を申したてれられて裁判所から通知が送られた場合、2週間後には強制執行と呼ばれる給与などの差し押さえが可能になります。
訴状の場合でも支払督促の場合でも、訴えられていることには変わりがありませんから、その訴状や支払督促を放っておいた場合、訴えの内容に異議がないと見なされることンありますから、強制執行などの差し押さえが開始されることになります。
ただし自己破産を申請していた場合にはこれらの訴状などの効果は無くなるのですが、実は自己破産を行っていた場合でも訴えられてしまう可能性があります。それは自己破産の申し立てから手続き開始までの期間です。この期間は自己破産を申請しているだけの状態のため、まだ申請が受理されておらず手続きも開始されていない空白の期間となります。
ですから仮に自己破産を行う準備をしていたとしても、自己破産の申請をまだ行っていなかった場合にはこの強制執行は強行されることになります。
自己破産を申請して申請が受理されていた場合には、強制執行を行う事も出来なくなりますから、訴えられて強制執行が行われるかどうかは、自己破産の申請の進み具合が大きく関係してくると言えます。
最も問題となるのは、自己破産を申請して受理され、申請が許可されるまでの期間で、その間の期間は自己破産の手続きが開始されていないため、債権者は訴えを起こすことも強制執行を行う事も可能な期間となります、。ですから自己破産の申請をしたからと油断をしていると、支払督促の申し立てをされて強制執行が始まってしまうことも考えられ得ると言えます。
すでに自己破産の申請を行って受理され自己破産の手続きが開始されていた場合、その場合には支払督促強制執行の効果は失われていることになりますので、債権者側がいくら強制執行を行おうとしても破産法の法律により出来ないことになります。
自己破産を行われた場合、債権者へ返ってくるお金は微々たるものなるわけですから、そうならないように訴えを起こすのは当然のことだと言えるでしょう。
そのため、自己破産を行おうと考えているのであれば、出来るだけ早く訴えを起こされる前に申請を行い手続きを開始する必要があると言えるでしょう。
もし手続き開始前に訴えられた場合には、必ず強制執行が始まる前に異議申し立てを行っておかないと、財産などが差し押さえられてしまい会社にバレるという可能性も出てくるので注意したほうが良いでしょう。

関連記事はこちらをご覧ください。

借金の問題には必ず解決策があります。ご相談に来られた方が最も幸せになれるような解決をご提案いたします。