自己破産のデメリット

自己破産というのは借金を帳消しにしてしまう事をいいます。そんな簡単に借金を帳消しに出来るのであれば誰も彼もたくさん借金して自己破産で帳消しにしたい!と思う事でしょう。ですが、現実はそんなに甘くはありません。自己破産というのは文字通り、自分を破産させるという意味です。全てに破滅を産むのです。どういった事かといいますと、まず財産を失います。これはマイホーム、マンション、車、家の家電製品、株券や貯金が20万円を超える場合にはそれも全て差し押さえという事になります。例えばまだ家のローンが残っていたとすれば、自己破産後にローンを払い続ける必要性は無くなりますが、今まで支払い続けてきたお金はもちろん返ってはきません。文字通り、自分の持ち物全てを失うことが自己破産なのです。自己破産申請後でも状態は簡単にはよくはなりません。自己破産をしてしまった人達は多くの人達が職を失う形が見られます。それは自己破産すると今持っている資格、職業が制限を受ける形になるからです。ずっとというわけでは無いのですが、期間が終えるまで今の職場が待ってくれる保証等はありません。また自己破産してしまった社員等に信頼を持ち続ける事の出来る会社というのはかなり希少だと思います。大半は信用を失ってしまいます。自己破産後には他にもデメリットがあります。財産も全て無くしてしまうのでほとんど文無しの状態です。例えば、住む家を探したいとしてもお金がありません。ですが、お金を借りる事も出来ません。それは、借金を返せずに自己破産するという事になっているのですからもちろんブラックリストに載ります。ブラックリストに載ってしまうとカードでの買い物も出来ませんし、お金を追加で借りる事も出来ないので実際の所は八方塞がりの状態に陥ってしまいます。
仕事も新しいのを探さなければならない、お金も借りれない、住む家も無い。どうしようも無い状態まで追い込まれるという事なのです。それに忘れてはいけないのが家族を持っている人の問題です。自分ひとりだけが路頭に迷い、苦しみを受けるのであれば借金の返済計画も出来ていなかった自分を責める事で納得は出来ようものですが、家族は別です。自己破産は先述しました通り大きなデメリットがあります。このデメリットを受けて家族がその後にまともな生活を送る事が出来るか?答えは否です。子供が小さいのであれば尚の事でしょう。学校でも噂なんて物はすぐに広がります。まだ精神的な未熟な子供達が寛容な姿勢を受け入れてくれる保証などどこにもありません。学校に通えるのかどうかも定かではありません。学校に通わせ続ける事が出来たとしても義務教育ならまだしも、高校、大学は授業料、養育費等を支払っていき続ける事は大変難しい事になってきます。結果、子供達だけでも親戚の元に預かってもらったり、実家に身を寄せたりという方もいらっしゃるようですが、自己破産し、結果離婚という形を選ばれるご家族、ご夫婦もたくさんいらっしゃるようです。
このように自己破産して必ずしも借金苦から逃れる事が出来るかというとそうゆうわけでは無い事がよく分かります。実際には自己破産しなければどうしようも無い状態だっただと思われますが、何故、自己破産するまでの金額を借りてしまったのか、返済計画が為されていたのかが重要になってきます。借金の始まってしまった時点で返済計画をしっかりと行う事が出来ていれば自己破産する必要も無かったですし、家族、自分も路頭に迷う事も無かったのです。自己破産して簡単に借金から逃れよう等と考えるのは非常に甘いです。自己破産を視野に入れている方はよくご検討されてからが良いと思われます。

関連記事はこちらをご覧ください。

借金の問題には必ず解決策があります。ご相談に来られた方が最も幸せになれるような解決をご提案いたします。