自己破産における裁量免責とは

自己破産の最大のメリットは、借金などの債務を支払う必要が無くなることです。
そのためには、免責の許可が必要となります。
しかし、自己破産をすれば常に免責を許可してもらえるわけではなく、不許可になる場合もあります。
具体的には、次のような「免責不許可事由」に該当する場合です。
まず、一番わかりやすいのは「前回の免責から7年以内に免責を求めた」場合です。
短期間に自己破産と借金を繰り返すといったことは認められません。
また、「破産して財産を処分されないように、隠したり説明を拒んだ」場合や、「処分を遅らせるための工作をした」と考えられる場合もいけません。
その他にも、「借り入れの際に債権者を騙していた」場合や、「浪費や賭博などの行為で借金をしてしまった」場合、「一部の債権者だけに返済してしまった」場合などがあり、これらに該当していた場合、裁判所は免責を不許可にできます。
通常はこうした免責不許可事由がある場合、任意整理や民事再生といった方法を選ぶことになりますが、状況によっては自己破産を選んでも裁判所の裁量で免責が許可される場合があります。
これが「裁量免責」です。
これはその裁判所の判断一つで決まるものですから、明確な基準はありません。
ある裁判所では裁量免責が認められ、別の裁判所では認められない、ということもありえます。
それでも一般的な判断のポイントはいくつか存在します。
まず、「違反の程度が比較的小さい」場合には、認められる可能性が高くなります。
たとえば、ギャンブルが大好きな人間がそれを繰り返した結果、莫大な借金を作ってしまった場合と、真面目な人間がふと魔が差してギャンブルをした結果、たった一度である程度の借金を作ってしまった場合とでは、判断に大きな差が出ます。
その他の事由も、「つい出来心でとっさにやってしまった」という場合と、「計画を立てて大規模に実行した」場合とでは、後者の方が重大な違反と見られるでしょう。
また、霊感商法で非常に高価な壺などを買ってしまった場合も「賭博や浪費で借金を作った」という免責不許可事由に該当することになってしまいますが、ほとんどの場合は裁量免責が認められます。
一方、自分の趣味で高価な宝石や毛皮を買い続けたなら、これはただの「浪費」としか見られないでしょう。
自己破産の免責不許可事由には、「故意ではなかった」「過失だった」場合は該当しなくなるものもありますから、重く見られるのはそれが意図的かつ重大な場合です。
逆に言えば、意図的でなく小規模なものであれば該当していても裁量免責を期待できるということです。
自己破産に至るまでの経緯を正しく理解してもらうためには、すべてを包み隠さず、正直に説明することが重要です。
裁判所は破産者の態度も見ています。
自己破産を申し立てたのに何の反省も無く浪費やギャンブルを繰り返していれば、経済的な更正は期待できないと判断されて、その結果免責も不要と判断される可能性があります。
それに対し、借金を深く反省して債権者に謝罪し、常に倹約を心がけ、新たな生活を始めるための努力を続けていれば、裁判所としてもそれを応援する判断を下しやすくなります。
その他に、「自己破産以外に救済方法が無い」場合も、裁量免責を認めなければ行き詰まってしまいますから、認められやすくなります。
しかし、それにも限度はあります。
「そうした状況なら必ず認められる」とは限りませんから、これは本当に最後の可能性と考えるべきでしょう。
繰り返しになりますが、自己破産において裁量免責を認めるべきか否かを判断するためのはっきりとした基準というものはありません。
「嘘をつかず、すべてを正直に話す」「謝罪と反省、経済的更正の意志を見せる」「破産手続きに積極的に協力する」といったことで、裁量免責を認めてもらえる場合も多いですから、たとえ免責不許可事由に該当していても、あきらめず誠実に行動することが大事です。

関連記事はこちらをご覧ください。

借金の問題には必ず解決策があります。ご相談に来られた方が最も幸せになれるような解決をご提案いたします。