多重債務者について

体重債務者とは複数の金融会社から借金を繰り返している状態の人を示します。この場合問題は、単に借金を重ねることではありません。借金を返せなくなってしまっていることが問題なのです。極端な話、毎月何百万借金の返済があろうと、それ以上の収入があって、すべて返せていれば問題ないわけです。ところが実際はカードローンや消費者金融で借金を重ねる人は、目先のお金に困っている方が多いのが実態です。返せるあてもないのに生活費が苦しいからといってカードローンなどの借り入れをしてしまう人が多いのです。不景気を背景に、ボーナスや給料の減額が発生することも珍しくはありません。住宅ローンは変わらず出ていくのですから、手元に残るお金は減ってしまいます。しかしそれでも生活費で使ってしまう金額を借金してはいけません。本来は手元にないお金を使ってしまっているのですから、来月はもっと苦しくなるのが当然です。次の月になっても入ってくるお金が増えるわけではありませんので、生活費に使った分の借金は返せません。そこでさらに借金して最初の借り入れを返済することになります、これが雪だるま式と呼ばれる借金が増幅する仕組みです。この状態になってしまうと、本人がいくら借りているかが把握できなくなってしまいますので、法律家に相談して債務整理をお勧めします。
それでは、仕事に使うお金をカードローンで借りるのはいいのでしょうか?これも原則おすすめしません。一般的なカードローンの利率は年利18%程度あります。これを商売に使うのであれば、当然これ以上のお金を稼ぎだす必要があるのですが、このような高い利益を出せる商売はほとんど存在しません。どうしてもお金が不足していて、決済用資金を、短期的に使用するのならばいいのでしょうが、大体が目先の資金繰りに困ってカードローンを借りる経営者が後を立ちません。大体が手軽な借金は、多重債務の入口になってしまっています。銀行が貸さないような不安定な商売のお金を、カードローンで賄うことは避けた方が無難でしょう。
多重債務に陥った場合、一刻も早い債務整理、自己破産などの手続きが有効です。自己破産にせよ個人再生にせよ、債務整理には法律家の手助けが必要です。弁護士などのつてがあれば、まずは相談してみましょう。ない場合でも、法テラスや消費者センターなどでは、無料の相談電話を設置しています、この場合、匿名での相談も可能ですので、すぐに電話されてみてはいかかでしょうか。専門の相談員がまず相談に乗ってくれます。多重債務に陥っている方は、何とか借金を返そうと必死に頑張っている方がおおいのです。しかし、個人の頑張りではどうにもならないのが借金です。頑張りすぎて疲弊してしまう前に、他人の助けを借りるのも一つの方法ではないでしょうか。
他にも銀行のおまとめローンなどの方法もありますが、あまりお勧めしていません。これはカードローンなどの複数の返済が大変な方向けに、支払いを一本にまとめることで目先の支払いを楽にするローンです。確かに一定の効果はありますが、結果として支払総額が増えてしまったり、債務整理ができなくなってしまったりする場合があります。グレーゾーン金利など減額が可能な借金は、法律家であれば減額交渉も可能です。おまとめローンを頼る前に法律家に相談して、借金の減額の方針を相談した方が、状況はよくなる場合が多いです。当然ですが、銀行はあなたから、お金をとることが仕事ですが、法律家は支払いを減らす等して借金を減らし、あなたの味方となることが仕事になります。借金を借金で返すような安易さがありますので、簡単におまとめローンをするのはやめた方がいいでしょう。

関連記事はこちらをご覧ください。

借金の問題には必ず解決策があります。ご相談に来られた方が最も幸せになれるような解決をご提案いたします。