もしもブラックリストに載ってしまったらどうなる?

ブラックリストという言葉はみなさんもよく知っていると思います。
しかしその内容となると、とにかく恐ろしいもので、自己破産などで名前が載せられてしまうと、二度とローンを組んだりクレジットで買い物ができなくなってしまう…といった漠然としたイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。
ここでは、その正しい内容や仕組みについて、具体的に説明していきたいと思います。
まず基本的な話として、いわゆる「ブラックリスト」というリストは実在するわけではありません。
リストがない以上、自己破産をした人間がそこに名前を載せられる、ということもないわけです。
ただし、自己破産をしたなどという情報が記録され、それが原因で融資などが受けられなくなるというのは事実です。
どういうことなのでしょうか。
実は、自己破産をするしないにかかわらず、クレジットカードを作ったりローンを組んだりすると、その時点から契約者の個人情報と借入や返済に関する情報は、すべて履歴として記録されるようになります。
その情報を集め管理しているのが、「信用情報機関」と呼ばれるものです。
日本には、信販会社系の株式会社シー・アイ・シー(CIC)、消費者金融系の株式会社日本信用情報機構(JICC)、そして銀行系の全国銀行個人信用情報センター(KSC)の3つがあります。
各金融機関では、新しくクレジットカードやローンの申し込みがあったさいに、かならずその消費者の信用情報をこれらの機関に確認する手続きを取ります。
そこで支払いの延滞や自己破産などの履歴が残っていると、それが原因で審査に通らない、ということになってしまうわけです。
このように、融資において信用を損なった情報のことを「事故情報」といいます。
事故情報には大きく分けて3つの種類があります。
1つ目は支払いの延滞で、多くのケースでは3ヶ月以上の延滞や、3度に渡る延滞が生じた場合に記録されます。携帯電話の分割支払いもこれに該当するので、気をつけてください。
2つ目は自己破産や任意整理などの債務整理を行った場合です。
そして3つ目が、保証人や保証会社が債務者の代わりに返済を行った場合です。
これらの事故情報が信用情報機関に記録されてしまうことを、比喩として「ブラックリストに載る」と表現しているわけです。
では、一度記録された事故情報は二度と消されず、ブラックリストからは逃れることはできないのでしょうか。
そのようなことはなく、事故情報はある一定の時間が経つと消去されます。
期間はそれぞれの信用情報機関が独自に決めているうえ、基準も公表されていないので、正確にどれだけ経てば消去されるかということは分かりません。
おおよその期間ですが、延滞の場合はJICCが1年、それ以外は5年程度。
債務整理の場合は、任意整理の場合は5年程度。自己破産の場合はJICCが5年、CICが7年、KSCが10年程度となっているようです。
これを見ても分かるように、ほとんどの事故情報は5年程度が基準となっています。
したがって、仮にブラックリスト入りしてしまったとしても、少なくとも5年間は新しくクレジットカードを作ったりローンの申し込みを行うことは控えたほうがよいでしょう。
自己破産に関してはもう少し厳しく見積もっておいたほうがいいかもしれません。
自己破産というのは借金を帳消しにする行いなので、それくらいのリスクは覚悟しておかなければいけないということでもあります。
もしも自分の事故情報が残っているのかどうかを正確に確かめたい場合は、直接や郵送、あるいはインターネット上でも情報の公開を請求することもできます。
詳しい手続きは、それぞれのホームページに記載されているので確かめてください。
ブラックリスト入りを避けるためにも、まずはしっかり返済計画を立てたうえで、期日を忘れることなどのないように気をつけましょう。

関連記事はこちらをご覧ください。

借金の問題には必ず解決策があります。ご相談に来られた方が最も幸せになれるような解決をご提案いたします。