私的整理のメリット・デメリットとは?

自己破産とは違い私的整理とは取引債権者を巻き込む事なく、金融機関の借入れの負担を軽くして、事業を立て直す事を言います。
この取引債権者を巻き込まないというのがとても大きなポイントです。これにより、仕入先や下請け業者に迷惑をかけなくていいいので、従来の取引関係をそのまま続けることが可能です。
個々の取引先との信頼関係が特に大事な中小企業にとっては、この自己破産とは違い私的整理のメリットは大変大きなものと言えるでしょう。
もし、自己破産でなく私的整理がうまくいかなくても、法的整理に切り替えることもできますが、その逆は無理となっています。
もっとも、自己破産とは違い私的整理はその文字のとおり、私的にやるものなので、公権的な力によって債権者に働きかけるものではありません。なので、全債権者の了解をもらわなければ実現しないという限界があります。
金融機関からの借入れ金について、返済計画を見直ししてもらうことを一般的にリスケジュールと呼びますが、自己破産とは違って私的整理のうち負債の元金についてはそのままで、支払方法を調整するといった方法を言います。
弁済金額を細く長くすることにより、当面のキャッシュフローを改善し、事業の立て直しをします。
もっとも返済期間が長くなる事により、利息の支払額は増えるので、合計の返済額は大きくなってしまいます。
なので、大切なのはリスケジュールなのではなく、リスケジュールの後の営業利益や営業キャッシュフローをどうやって改善するのかという事について、実現可能な計画を立てることにあります。
この改善計画がなければ、リスケジュールは単なる延命治療となってしまいます。
会社の事業分の中で、収益を生み出すものだけを別の新しい会社に移す事により、前の会社を特別清算などの方法で畳むやり方を第二会社方式といいます。新しい会社は前の会社が負っていた負債の一部を引き受けて、事業を続けながら金融負債を返済します。
上で書いたリスケジュールと同じで、取引先の債務を焦げ付かすことなく、負債の整理が出来るので、事業価値を維持しながら事業の再生ができます。
また、リスケジュールと違って、払い方の調整だけでなく、金融負債の一部をカットしてもらう事も出来ますので、新会社は財務状況を大幅に改善した上での際出発ができます。
金融負債のカットを金融機関に認めてもらうためには、今までの経営陣に対してそれなりの代償が必要です。新会社の取締役から外されたり、役員報酬が大幅にカットされたりという条件は飲む必要がでてくるでしょう。
また、前の会社はたたむ事になってしまうので、前の会社の株主支配権は完全に消失します。新会社は新しいオーナーによって経営を再出発させます。
さらに、前の会社の金融負債を連帯保証人していた人は、個人のめぼしい財産のほとんどを吐き出すことになり、負債の返済に充てる必要があります。
以上のことからもお分かりになるように、第二会社方式というのは私的整理の中でもかなり強力な効果をもつ反面で、従来の株主や取締役などにも大きな負担を要求する方法です。
自己破産した経営者自身に自分はどうなっても構わないので、従業員や取引先を守りたい・・・という位の気持ちがなければオススメすることは出来ません。
もっとも、上で述べたようなデメリットとは自己破産で全部会社を倒産させてしまった場合でも不可塑的に生じるもので、このままいけばいずれは倒産だろうという状況の中で、第二会社方式というのは経営者がなしうるベストな判断と言えるでしょう。
以上が自己破産とは違う的整理についてでしたがお分かりになっていただけましたか?
自己破産の可能性が出て来た場合などの、今後の参考になさってみて下さいね。

関連記事はこちらをご覧ください。

借金の問題には必ず解決策があります。ご相談に来られた方が最も幸せになれるような解決をご提案いたします。