自己破産を行った場合、住んでいるアパートから退去する必要があるのか?

自己破産を行った場合、自己所有の財産を手放す必要がありますので、住宅や車、別荘などを持っていた場合、それらは全て売却され債権者への支払いに充てられることになります。
ではアパートに住んでいた場合、自己破産を行うとそのアパートからでなければいけなくなるのでしょうか。
アパートに住んでいる場合、その多くが賃貸で部屋を借りていると言うことになります。その場合、住んでいるアパートは自己所有の家ではありませんので、自己破産を行ったとしても自己破産で手放さなければいけない財産にはあたりませんから、アパートから退去しなければいけないと言うことはまずありません。
自己破産を行ったと言う事実は他人にはまずわかりませんし、自己破産を行ったことが借りている部屋を退去しなくてはいけないという理由にはなり得ないからです。
もし賃貸契約を結んでいる不動産会社や部屋を貸している大家さんに自己破産を行ったことが知れてしまった場合でも、自己破産を行った行為は賃貸契約にはなんら影響を与えるものではありませんので、もし仮に退去してくれと言われた場合でも、賃貸契約に自己破産を行った場合は退去しなければいけないといった特殊な契約が無い限り、アパートを出る必要はないわけです。
自己破産とアパートの賃貸契約は一切の関わりがありませんから、その点に関しては勘違いせずに自分が結んでいる賃貸契約がどうなっているのかを確認する必要があるでしょう。
もし自己破産を行った場合にアパートを退去するという契約になっていた場合には、契約に基づき退去する必要がありますが、そのような契約を結んでいるアパートはまず存在していませんので、安心してアパートに住み続けることが出来ると言えます。
しかし住んでいるアパートが自己所有のアパートの場合は話が全く変わってきます。自己所有のアパートの場合は自己破産における財産として認定されてしまうため、無論手放す必要が出てきます。アパート経営などを行っていてそのアパートの一角に自分が住んでいる場合も、そのアパートは手放す必要が出てきますので、退去しなくてはいけなくなってしまいます。
それと自己破産を行ったん場合でも賃貸契約のアパートであれば退去する必要はないと言いましたが、それには例外も存在してます。
自己破産を行う状況の場合、借りているアパートの家賃を支払っていないケースが非常に多く、その場合には部屋の家賃を支払っていないと言う理由で退去を求められる可能性があります。家賃をきちんと支払っていれば問題ありませんが、もし家賃を何か月も滞納していた場合、賃貸契約に定められている家賃滞納の場合の要項に退去しなくてはいけないという記述があれば、それに従い退去をする必要が出てきます。
これは自己破産をしたからと言うよりも、自己破産を行わなければいけない状態にまで生活が困窮し、家賃も支払えなくなったと言うことが理由となりますから、直接的に自己破産が退去の理由となるわけではありませんが、間接的に自己破産が関係していると言っても良いのかもしれません。
それと自己破産を行う際に滞納している家賃を自己破産で免責にしてもらう場合には、賃貸契約云々という話ではなく、家賃自体を支払う意思が無いと言う事にも繋がりますし、それにより大家さんや管理している不動産会社に多大な迷惑をかけることになりますから、自主的に住んでいるアパートを退去しなくてはいけなくなってしまうでしょう。
自己破産で家賃を免責にしない場合、家賃をきちんと支払っている場合は、退去する必要はありませんから、家賃をどのようにしているかで退去するか否かも変わってくるでしょう。

関連記事はこちらをご覧ください。

借金の問題には必ず解決策があります。ご相談に来られた方が最も幸せになれるような解決をご提案いたします。