自己破産手続き期間は債務の状況で大きく変わります

自己破産とは滞納している借金の返済を無くすことが出来る方法で、いわば生活再生の最終手段ともいえる方法です。
自己破産を行う場合には裁判所に申請を行う必要があるわけですが、実際に自己破産申請を行った場合にはどれくらいの期間が必要となるのでしょうか。
自己破産には実は破産と綿製と言う2つの手続きがあり、破産は借金を支払うことが出来ないことを裁判所に認めてもらう手続き、免責は抱えている借金を支払わなくても良いといと認めてもらう手続きとなります。
基本的には滞りなくこの2つの手続きが進んだ場合、早ければ3ヶ月程度で破産と免責が認められて自己破産が成立することになりますが、これはあくまでも何の問題もなく自己破産手続きが進んだ場合の話ですから、実際にはもっと長期間の時間が必要になると考えたほうが良いでしょう。
通常破産手続きと免責手続きは同時進行で行われることになりますが、ここで問題となってくるのが破産は認められたけれど免責が認められないというケースです。例えば抱えている借金がギャンブルなどで増えた借金だった場合、破産は問題なく認められるとは思いますが、免責は認められずに自己破産が成立しないと言うことになります。これは破産法でギャンブルによる借金は免責不許可事由にあたるためで、この場合長い時間をかけて自己破産手続きを行ったのに、支払えないことは分かったので破産は認めますが、。免責不許可事由にあたるので免責は出来ないので借金は支払いなさいと言う結論となってしまいます。実際にギャンブルで作った借金かどうかを把握するのにも時間がかかりますので、3ヶ月では解決せず半年程度の時間が必要となる場合もあります。
自己破産で時間がかかる場合の理由として多いのが、借金が複数存在している場合にも、自己破産成立までの期間が延びてしまう原因となります。これは何故かと言いうと、自己破産を申請した場合、どれだけの借金があるのかを明確にする必要があるため、債権者から取引履歴を取り寄せる必要があります。通常自己破産を行う場合には弁護士にお願いして申請を行うわけですが、申請を行った後1~2ヶ月程度で債権者から弁護士の元に取引履歴が送られてくることになります。債権者が1社~2社程度であれば送られてくる取引利履歴もそれほど多くないので手続きがスムーズに行われますが、もし債権者がかなりの数いた場合には、それぞれの取引履歴を取り寄せる必要がありますし、送られてきた履歴を全て確認しなくてはいけなくなるわけですから、必然的に手続きにかかる時間も延びることになります。
この作業が済んでから初めて裁判所に破産・免責申立て書類一式と必要書類をまとめて提出して自己破産の手続きが開始されることになります。
手続きが開始された場合裁判所に出廷して面談を行う必要があり、その面談では現在の収入の状況や支出の状況、何故返済不能となったかということを事細かに説明する必要があります。この面談の時点で裁判官が借金の理由が正当なもので、返済が不可能だと認めた場合には、破産が確定することになります。しかしまだこの段階では破産が確定しただけですから、免責の手続きは完了していません。破産が確定した後引き続き免責の手続きに入りますが、免責申立てを行わなければ免責の手続きが開始されませんので、破産確定で安心せずに免責申し立てを忘れずに行う必要があります。
免責申し立てを行い、その時点で債権者から何の異議も出なければ免責が決定されることになりますが、もし免責内容に債権者が異議申し立てを行った場合には、さらに話し合いを行う必要が出てくるため、自己破産が完了するまでに1年以上の時間がかかる場合もあります。自己破産にかかる期間は、債務の状況で大きく変わると言う事です。

関連記事はこちらをご覧ください。

借金の問題には必ず解決策があります。ご相談に来られた方が最も幸せになれるような解決をご提案いたします。