自己破産すると借金できないの?

自己破産の手続きを行って、免責が決定した後には全ての借金や債務が帳消しになって新しい生活がスタートします。
やっと苦しい返済から解放されたのですから、またお金を借りたりせずに堅実な生活を送りたいと誰もが思っているはず。
とは言っても、自己破産後は永遠にローンをする事が出来ないのかが気になりますよね。
マイホームや車、教育費やクレジットカードなどといった自己破産に縁のないような人の生活であっても、人生にローンはつきものです。
頑張って車を現金で買えたとしても、家のローンを借りずに現金で買えるなどという人はそう多くはないでしょう。
ここでは、自己破産後の借入れについて書いてみたいと思います。
自己破産の申し立てを行いますと、それぞれの債権者が加盟している信用情報機関に事故として登録されてしまいます。
これが俗に言うブラックリストというものなのですが、実際には個別のリストなどは存在せず、事故者を表すコードが割り当てられます。
この事故データというのは信用情報機関の間で交流されますので、一か所で事故の登録がされてしまいますと、他の信用情報機関に加盟している金融機関であっても信用調査の時に内容をみることができるのです。
また、自己破産と民事再生については、PRISという官報公告情報にも登録されます。
信用情報機関に事故者として登録されている間であれば、一般的な金融機関での借入れというのは難しいでしょう。
登録される機関は最大で7年、PRISについては10年と決まっています。
この期間を経過しますと、事故のデータは信用情報機関のデータベースから削除されるので、借入れを行えるようになります。
とは言っても、自己破産の際に借金がなくなった金融機関については社内データで永久貸し出し禁止先として登録がされているので、他の金融機関に借入れの申し込みをする必要があります。
事故の情報が残ってしまっている状態であっても、借入れ出来る金融業者もありますが、どこも取り立てが厳しくなっているのでオススメは出来ないです。
債権者に迷惑をかけてしまっているのは事実ですので、5年から7年の間は反省する期間としてお金を借りずに生活を引き締める習慣を付けたいものです。
自己破産後の7年間というのは借入れたお金を返済できなくなったとしても、免責を受けることは出来ないからです。
自己破産後というのは全部の借金が帳消しになるので、多重債務状態の時と比べるとかなり返済能力がアップします。
このことに闇金業者が目を付けてくるのです。
闇金業者は官報を入手し、破産情報を手に入れ、借入れの勧誘を行っています。
闇金業者とは許可を取っていない貸金業者の事を言い、違法な高金利で貸し付けを行っている業者のことです。
破産するとお金をかしてくれる業者が無いので、こういう違法業者に手を出してしまう人もいるようですが、絶対に借りてしまってはいけません。
このような高金利の業者からお金を借りてしまっていたら、新しい生活をスタートさせることなど不可能です。
闇金というのは行政から許可を得ていない違法業者なので、たとえお金を借りていたとしても返済する必要などありません。
貸した方が100パーセント悪いということになっています。
それどころか、暴力団と繋がっていたりするので、こういった反社会的な団体の資金源を断つという意味でも借りるべきではありません。
とは言っても、違法な存在と対峙するためには勇気が必要です。
基本的に闇金は警察が取り締まるべき存在なのですが、直接やりとりするのが怖いということなら弁護士に依頼するのがベストでしょう。
警察との連携にも対応してくれる法律事務所もあるので、すでに闇金からお金を借りてしまっている場合は頼ってしまうといいのです。

関連記事はこちらをご覧ください。

借金の問題には必ず解決策があります。ご相談に来られた方が最も幸せになれるような解決をご提案いたします。