自己破産後の両親の財産相続

自己破産後に両親の財産相続があった場合、その相続遺産で借金を支払わなければならないのではないか、親からの相続財産なのに債権者に取られてしまうのではないかと心配する方が多いかもしれません。
結論から言いますと、自己破産後に両親から相続した財産は換価処分されることはなく、そのまま相続することができます。
このような自己破産後に得た財産のことを「新得財産」といいます。
自己破産をするときに換価処分の対象になる財産は、破産手続開始決定「まで」に取得した財産です。ですから、「破産手続開始」が決定された後に取得した新得財産は、両親の財産相続だけではなく、給料などについても借金返済に充てられることはありません。破産手続きの際に免責を受けているからです。
また、自己破産は相続人の資格を失う要件にも入っていませんので、自己破産が認められても他の相続人と同様に遺産を相続することができるのです。
ただし、次のようなケースには注意が必要です。
自己破産をする前または自己破産の手続き中に相続が発生した場合です。
まず、自己破産をする前に相続が発生していたケースから説明します。
たとえば、自己破産の申立をするずっと以前に父親が亡くなっているにもかかわらず、持家の名義変更をしていないというようなケースがあります。自己破産をする際になってこのことが発覚したり、自己破産が認められてから不動産の名義を自分に変えようと考えることがあるかもしれません。
自己破産をする際になってこのことが発覚し、あわてて遺産分割協議をして名義を変更したり、または自己破産後に名義変更をするということは、財産隠しと判断されてしまうことになります。遺産分割協議や名義変更がなされていなければ、自己破産者の法定相続分については換価処分されることになり、債権者に分配されることが当然だからです。
次に、自己破産の手続き中に相続が発生したケースについて説明します。
自己破産の申立てから破産開始決定がされる前の間に相続が発生した場合、その遺産を使うことで債務のほとんどを返済可能であるならば、それにより自己破産の要件を満たさなくなることになり、自己破産の申立自体を取り下げることになります。
一方、その遺産で返済したとしてまだほとんどの債務が残る場合には、自己破産の手続きを継続することができます。
しかしながら、債務のほとんどが返済可能だからということで相続財産をそれに充てるということになると、自己破産をしようとしていた本人であれば、遺産を返済に充てることについては納得できるかもしれませんが、相続ということから考えると、他にも相続人がいることもあるわけであり、他の相続人にしてみれば納得できないこともあるでしょうし、公平さを欠いているとも言えます。
このようなケースでは、自己破産をする人が「相続放棄」をするという方法があります。
被相続人の死亡を知ったときから3か月を経過するまでの期間であれば、裁判所に相続放棄の申請をすることにより、最初から相続人にならなかったとして扱われることになるのです。
自己破産をする以前に財産を処分することは、否認権の対象にもなりますし、調査の対象にもなりますが、相続放棄については否認権の対象にならないという判例があります。
ただし、さきほども少し触れましたが、自己破産の手続き中に相続が発生したケースの場合でも、遺産分割協議によって自己破産者が遺産を相続しないということを決めることは、債権者を害する財産の処分として否認権が行使され、取消しということになる可能性もありますので気をつけてください。
自己破産後や自己破産の手続き中であれば、担当している弁護士や司法書士が対応することができますが、自己破産の申立前の相続については、事前に相談しておかなければ自己破産の手続きに影響が出かねません。自己破産が認められるかどうかをも左右することになりますから、名義変更をしていない財産などの確認も必要です。

関連記事はこちらをご覧ください。

借金の問題には必ず解決策があります。ご相談に来られた方が最も幸せになれるような解決をご提案いたします。