任意整理のメリットデメリットについて

 任意整理は借入金の整理をする人の中でも最も多くの人が行われている方法です。他の政務整理に比べると短所は少なく長所が多い方法といえますので、敷居が低い方法です。多額の債務を抱えている人も、任意整理をおこなうことで容易に返済することが出来る借入金とすることが出来ます。
 任意整理のメリットとして、裁判所を通さない整理方法であることが挙げられます。したがって官報にも名前が載ることがなく、第三者に知られるということもありません。債権者との間に弁護士や司法書士が入り、債権者と直接的なやり取りを行ってもらえますので、債権者と直接交渉する必要のないため、債権者にとって負担の少ない債務整理の方法といえます。
 また、任意整理を弁護士や司法書士に依頼すると、その時点で債権者は債務者に取り立てをすることができなくなります。したがって大きな精神上のメリットとなるといえます。任意整理をすることによって返済しやすい借金に代えることが出来ますが、将来的にも利息がカットされるというメリットもあります。もちろん、今まで支払っていた過払い金についても取り戻すことが出来ます。
 さらに、自己破産や故人再生と違って、任意整理後の資格が制限されることはありません。任意整理では整理する債権者を選ぶことができますので、どの業者または個人から借りているお金を整理するかを選ぶことができます。
 一方、任意整理の一番大きなデメリットは個人信用情報に記録が残ることであるといえます。具体的な期間は各信用情報機関によって異なっていますが、多くは任意整理後、借り入れ金の返済を行ってから7年程度は記録が残るといわれています。そのため、新たな借り入れがしづらくなることが挙げられます。
 これは、債権者が加盟しているCICやKSCなどの信用情報機関に事故として届け出を行い、事故の情報が登録されるからといわれます。つまり、債務者の情報がいわゆるブラックリストに載るということになります。
 信用情報機関は独自のネットワークをもっており、1ヶ所で事故データが登録された場合、他の信用情報機関に加盟する金融機関にも事故情報が共有されることになります。他の金融機関が信用調査を行う際に、事故の内容を知る事ができるようになるため、信用情報機関に事故者として登録されている間は一般的な金融機関での借り入れは難しくなるといえます。信用調査が行われると審査が全て断られてしまうからです。
 CICやKSCなどの信用情報機関での登録の期間は最大7年となっています。そして、この期間を経過すると事故データ情報は信用情報機関のデータベースから削除されるため、新たに借り入れができるようになります。また、債務者の事故データ情報は事故者を表すコードが割り振られる形となっており、個別のリストというものは存在しません。
 クレジットカードも一種の借り入れですので、クレジットカードが作れないということも不便な点です。インターネットショッピングにはクレジットカードでしか購入できないものがあったり、海外出張などではクレジットカードは必須となります。また、カード以外でも購入はできるけれども銀行振込代や代引き費用などが課されてしまって、高くなってしまう場合もあります。
 その場合には、デビットカードを使用することができます。原則無審査で発行され、代金決済が即座に自分の銀行口座残高から支払われ、借り入れすることなくクレジットカードと同じメリットを受けることが出来ます。

関連記事はこちらをご覧ください。

借金の問題には必ず解決策があります。ご相談に来られた方が最も幸せになれるような解決をご提案いたします。