個人再生の事例

営業マンのAさんは、5年前に住宅ローンを組み、家を購入しました。

現在の残ローンが3000万、家の時価も同じくらいです。

現在仕事はしておりますが、折悪く住宅購入直後より会社の経費削減で営業手当がなくなり、自腹接待となり、そのためのカード・消費者金融が、5社で280万あります。

処理した方法

Aさんは家に今後も住みたいという事で、手放す方向の破産や任意売却は使えませんでした。

一方で任意整理をするにも、カード会社、消費者金融が正しい利息の再計算をしても180万円残り、楽ではありません。

そこで、民事個人再生をして、住宅ローン以外の債務を5年で100万円を払うという再生計画で再出発をしました。

弁護士の目

住宅をもっている中で一番多いであろう「個人再生」です。

しかし、家をもっている=個人再生ではなく、家を持っていたいかどうかを確かめ、持っていたい場合に手軽に取れる他の方法も平行して検討した上で、個人再生をする事になります。

但し、個人再生の場合、収入が続くかとか、清算価値保障原則といって余剰の財産が大きすぎないか、というハードルもありますので、慎重な判断が必要となります。

借金の問題には必ず解決策があります。ご相談に来られた方が最も幸せになれるような解決をご提案いたします。