自己破産前のカード使用について

借金に苦しんでいる人にとって自己破産という言葉は、ある意味最後の希望に感じられる事でしょう。これが人から同情される理由であったり、また仕方ないと思われる理由であれば良いのですが、中には悪質な理由で自己破産をしようと考えている人もいると思います。基本的に自己破産とは、基本的に弁護士を通して裁判所に申請し債務を帳消しにしてもらうものです。しかし、これは思ったほど簡単ではありません。

自己破産する事イコール債務が帳消しになるという訳ではなく、自己破産をした際に別に債務を帳消しとする免責の審査がおこなわれるのです。これは裁判所での面談によっておこなわれるのですが、自己破産の手続きと合わせて大変手間が掛かります。したがって普通は弁護士に依頼をして自己破産と、それに伴う免責の手続きをおこなう事になるのです。しかし前述の様に悪意がある場合に関しては免責が認められません。それによって自己破産しても借金が残る状況もありえます。

自己破産のおける悪質なものとして、まず一度自己破産において免責がおこなわれたにも関わらず、再び自己破産を申請するというものがあげられます。一度痛い目を見て多くの人にも迷惑を掛けたにも関わらず、同じ事を繰り返すというのは褒められたものではありません。まず免責を受ける事で債権者に対して損害を与える事になりますし、連帯保証人を立てていれば、その人物に全ての債務が行くので多大な迷惑をも掛けてしまいます。

しかし人間とは同じ過ちを繰り返す生き物でもあり、また前回と違った事情によって仕方なく借金を重ねるケースもあるのでしょう。これが浪費癖であったり極端の意志の弱さによるものであれば免責される可能性は低く、その状況から受けてくれる弁護士も限られるでしょう。しかし予期せぬ理由であったり、前回と違った背景があった場合には弁護士も依頼を受けてくれたり、また免責が認められるかもしれません。ただこれはあくまでも本人に悪意が無い場合です。

さて、ここで質問ですが自己破産するしないに関わらずこんな事を考えた事はありませんか?どうせ自己破産して借金が帳消しになるのであれば、その前に目一杯お金を借りておけばいい、もしくはクレジットカードで買い物をしておけば良いのではという考えです。もちろん自分がしようとする意志と関係なく、そういった事をする人がいるのではという想定も含めてです。
結論から言えば、それは絶対に認められません。どの弁護士に依頼をしてもそれによって面積が認められる可能性はゼロに近いでしょうし、仮に出来ても全く意味をなしません。まず自己破産をすると自分の財産の多くが没収されてしまいます。その時点で所有できる現金額にも制限を受けますし、預貯金額も最高で20万円程しかもてなくなります。
また購入したものであっても資産価値があるものに関しては没収の対象になったり、自動車も一定額以上の価値が認められれば同様です。仮に資産価値を落とす様に細工するのは違法です。したがって自己破産前に、いくら借りても買い物をしても無駄になってしまうでしょう。

関連記事はこちらをご覧ください。

借金の問題には必ず解決策があります。ご相談に来られた方が最も幸せになれるような解決をご提案いたします。