自己破産後に借金したらどうなるの?

自己破産後に借金をする事はできるのか。
結論から言うと、自己破産後の借金は時間が経てば可能です。
その点は自己破産時の手続きをしてくれた弁護士さんより説明を受けるかと思います。
ただまず、金融機関で共有するデータベースのブラックリストに載るため、直後には真っ当な金融機関は貸してくれる事はありません。クレジットカードも使えなくなり、作る事もできません。
金融機関の信用情報機関のデータベースには自己破産は7年記録が残ります。
まともな業者でなければ、破産直後でも貸してくれるところもありますが、要注意です。
ただ、自己破産後は普通は返済に回していたお金を使う事ができるため、生活が楽になる事が多いです。
そのため、破産から年数が経っていて継続して収入がある場合、審査の甘めな小さな消費者金融等では貸してくれる場合があるのです。
また、破産より7年の期間が過ぎれば普通に借りられます。
そのため、自己破産後は時間が経過すれば、借金は可能という事になります。
では、自己破産後に何故借りられるのか、何か問題がないか見ていきましょう。
自己破産は皆さんがご存知の通り、多額の借金を抱えて返せなくなった状態から、弁護士等の力を借りてお金を返さなくてすむようにする制度です。
その際に借金は0になります。
ただ、自己破産しても普通の生活は営めますが、法的、社会的にいくつかのペナルティーを負います。
借金をこれ以上返せないと言い切るために、日々の生活に必要な家電とか以外の、20万円以上するものは売り払う必要があります。持家を持っている場合も勿論手放さなければなりません。
財産を残して借金から逃れる事はできないのです。
新たな借入も難しくなっており、クレジットカード等も解約する事になります。
また、法的なものではありませんが、金融機関のブラックリストに7年間載ります。そのため、消費者金融や銀行での、新たな借入の際に審査に引っかかりやすくなっています。
破産をした人には返済能力がないから貸さないという意味もありますが、実はこの7年の期間は法的に再度破産ができない期間なのです。
制度や手続きについて、詳しくは弁護士さんに相談をして手続きをしてもらってください。
7年の制限だけでなく、自己破産すると家を失う等、知らないと困る事はあるからです。
自己破産は金融機関からすると、弁護士を通して借金を踏み倒されたも同じです。
そのため7年間破産の記録に残る間、破産経験者には貸さないという選択肢をとる銀行や消費者金融も多いのです。
ただ、それでも自己破産後であっても、時間が経てば借りられるとは前項で述べました。
金融業者にしたら、利息を払って返してくれるなら、借りてくれた方がいいからです。
ですが、自己破産直後でも借りられる業者も皆無ではありません。ただ、その時点で貸してくれる業者は闇金融等まともな業者ではないと考えてください。
違法な業者にひっかかれば免責された借金の負担なんて、軽く超えるような重い返済負担がきます。
借りる習慣がついてしまっている人は、貸してくれる相手がいい人に見えて、再度借金の泥沼に陥りやすかったりします。
そういった金融業者から、違法な利息の取り立て等ある場合は早めに、警察あるいは弁護士さんに相談して対応を決めましょう。
膨れ上がった時、次も確実に破産できるとは限りません。
借入先や、借入金額には慎重になるようにしていく事が大事なのです。

関連記事はこちらをご覧ください。

借金の問題には必ず解決策があります。ご相談に来られた方が最も幸せになれるような解決をご提案いたします。