自己破産者への給与差押さえについて

借金問題を解決する方法として自己破産があるのですが、その意味としましては裁判所に申し立てをすることにより債務免除を認定してもらうこととなります。そしてこの自己破産を認定してもらうことにより様々なメリットを享受することが出来る代わりにデメリットも存在しておりますので、しっかりと認識する必要性が報告されております。まずメリットに関してなのですが、大きなメリットとしましては自己破産が認定された時点におきまして、全ての債務が帳消しになる点であると考えられております。つまり債務者側からすれば、自己破産申請をして認定を受けることができれば債権者からの執拗な返済催促から逃れることができますので、精神的な負担をかなり軽減させることが可能となるのであります。また自己破産をしても少額ながら財産を手元に残すことができるのもメリットであると考えられます。デメリット面としましては、ブラックリストに掲載されてしまいますので10年程度新たな借入が不可能となってしまう点であります。そして自己破産を考える場合、法的な面における素人がこれらの申請をスムーズに行うことは困難であると考えられております。そのために利用したいのが弁護士事務所であり、特に借金問題に明るい弁護士事務所を選択して相談すればスムーズに手続きを進行させることができるとされております。
給与差押さえとは消費者金融業者などの債権者が、債権回収のために債務者の給与を差押さえるものであります。そしてこの給与差押さえは法的手続きの一種でありまして、債権者が裁判所に申請することにより実行されるものとされております。裁判所が申請書を吟味して給与差押さえを認定したならば、債務者が勤務している会社などに給与の一部を債権者へ支払うように命令しますので、債権者は給与の満額を手にすることができなくなります。ただし給与差押さえ申請によりまして給与全体を必ず差押さえできるものではなく、差押さえることができる範囲が法律によりまして定められております。ちなみに具体的な差押さえの範囲としましては、給与の支給額から法定の控除額を差し引いた残額で44万円を超過している場合には33万円を超えている範囲とされており、44万円以下の場合にはその4分の1とされています。そして当然のことながら給与差押さえが実行された場合におきましては、債務者に対しまして差押さえが実行された旨が通知されることとなっております。
債務者が債権の支払いを逃れるために自己破産を検討するならば、なるべく早急に行動した方が良いとされております。なぜならば債権者は債務者から債権を取り立てるために、給与差押さえを実行してくる可能性があるからなのです。この給与差押さえを解除するためには自己破産申請が裁判所によりまして認定される必要があり、認定されるまでに手間取ってしまいますと、その間の給与に関しては差押さえを免れることが出来ない可能性があるとされています。しかしながらスムーズに自己破産を裁判所に認定してもらう作業は難易度が高く、さらに給与差押さえを解除したい場合には給与差押さえ停止の申請書および給与差押さえの解除申請や執行停止手続き申請などを行わなければならないとされております。そのために活用したいのが弁護士事務所ということになるのですが、借金問題の解決を専門に行っている弁護士の先生に依頼すればスムーズな解決を期待することが可能とされています。この弁護士事務所へ依頼することのメリットとしましては自分で申請する手間が省けるだけではなく、豊富な解決例を有しておりますので的確なアドバイスを得ることができる点にあるとされております。一方デメリット面として考えられておりますのは、弁護士費用が必要となる点とされています。この弁護士費用に関しましては弁護士事務所によりまして差があるとされており、また依頼主と弁護士との相性も重要とされておりますので情報収集しっかりとする必要性が指摘されております。

関連記事はこちらをご覧ください。

借金の問題には必ず解決策があります。ご相談に来られた方が最も幸せになれるような解決をご提案いたします。