自己破産ができる場合

この記事を読むのに必要な時間は約2分10秒です。

自己破産_01

自己破産は手続きをすれば、すぐに借金が帳消しになるわけではなく、裁判所の審理に よって認められなければいけません(=免責許可)。免責が確定されますと借金は帳消し になり破産者としての地位が復権して元の状態に戻ります。     しかし、免責不許可事由に当てはまってしまった場合は、免責決定にならず、借金の帳消しが実行されません。   免責の決定後、債権者に免責確定書が発送され、債権者から1週間以内に異議の申し立てがなければ、免責が確定し免責の効力が生じることになります。

免責許可が下りたら

破産手続が開始されてから様々な制限がありましたが、免責が確定することで、 破産後に制限されていた資格や権利が回復します。  

借金の支払い義務が免除され借金を支払わなくてもよくなります。

 

一度登録されていた「破産者名簿」から名前が抹消されます。

(しかし、破産者名簿は一般的に公開されるものではありません)    

公法上の資格制限から解放されます。

公法上の資格は弁護士や公認会計士といった士業が該当します。 一方で、一般公務員や医者、看護師、薬剤師などの法律による資格制限がない業種は、 元々破産をしても資格制限はありません。    

私法上の制限から開放されます。

後見人、後見監督人、保佐人、遺言執行者などになる権利が戻ります。また、株式会社の 取締役や監査役については就任することもできます。   なお、免責に関係なく、破産手続き開始決定後に得た財産は自由財産(新得財産)と いい、貯金もできますし、保険にも入ることができます。   破産開始後は、儲けても債権者に配当しなくてもいいわけです。   (ですので、もし、破産後も、「いまさら、この年じゃつとめられないよ。関連業種を細々とやるよ」と、勤務でなく、自営でやりたい人は、破産開始前に、はじめますと、売掛金は、すべて、破産手続きで清算されますので、せっかく働いても厳しいことになります。そこで、破産開始決定を待って、自営を始めるのが、相当です)

The following two tabs change content below.
アバター

大江戸下町法律事務所

当事務所は、平成16年4月に開業し、弁護士1名、事務スタッフ3名でスタートしました。平成22年には、業務充実のため法人化し、支部を構え、現在弁護士8名(東京7名、柏1名)及び事務スタッフ10名強にて運営しております。いずれのオフィスも駅近で交通至便です。 事務所名は、先祖代々下町で暮らしてきた私の発想(我儘?)でつけました。 当事務所は「正しい人を守る」ための弁護士活動をしています。お金持ちにも、正しい人悪い人いずれもいますし、弱者にも、正しい人悪い人いずれもいます。いずれであっても、正当な人の正当な利益のために働きたいと考えております。 子細なことであっても結構です。お気軽にご相談ください。
アバター

最新記事 by 大江戸下町法律事務所 (全て見る)

関連記事はこちらをご覧ください。

  • 自己破産について(自己破産とは、破産後の生活、メリット・デメリット、手続きの流れ)
  • 自己破産のメリット・デメリット
  • 自己破産できない場合
  • 自己破産のデメリット
  • 自己破産をしたくない場合に最適な方法とはなにか?
  • 自己破産以外の方法について
  • 自己破産を弁護士に依頼するメリット
  • 自己破産手続きを弁護士に依頼するメリット
  • 自己破産費用について
  • 予納金とは
  • 自己破産の注意点
  • 自己破産まで追い込まれる前にすべきこと
  • 日本国内における外国人の自己破産とその詳細
  • 自己破産に関する無料相談
  • 自己破産Q&A
  • 債務整理・自己破産・任意整理・個人再生の無料相談。まずはお問い合わせください。 東京:TEL:03-5807-2885 柏:TEL:047-193-8100 初回相談料0円 受付:平日9:30~19:00(土日応相談) メール受付>