自己破産が認められないタイプの借金とは

この記事を読むのに必要な時間は約4分27秒です。

自己破産をしようとする個人の人たちの最大の目的は、借金の支払いをしなくてすむようにすることです。
正確には、裁判所に申立をして自己破産の手続きが始まることと、始まった自己破産の手続きの結果、以後の借金の支払いを免れることは別なのです。このことは弁護士に相談でもしないかぎり、あまり知られていません。自己破産が認められないタイプの借金があるか、と聞かれるのは、おそらく自己破産を経て支払わなくてよいことにはならない借金があるか、という関心があるのだと思います。自己破産後に、借金の支払いを免れることを免責といいます。免責を許可する決定を出すのは、裁判所です。弁護士に自己破産の相談をすると、こうした質問にもちゃんと回答が得られるはずですし、こうした免責されないタイプの借金がないかどうかをよく聞かれることになります。
ところで破産法の規定では、裁判所から自己破産の手続きを開始する決定が得られない、つまり破産の申し立てそのものが認められない理由も定められています。たとえば、本当は債務超過や返済不能の状態にない場合は自己破産の申立はできません。しかし、弁護士に自己破産の申立の依頼をする以上この点に問題があることは通常考えられませんので、この記事では、自己破産の申立はできてもその後に免責が許可されないタイプの借金について説明していくことにしましょう。
個人の自己破産の最大の目的が、以後の借金の支払いを免れること、つまり免責許可決定を得ることだということがわかりました。では、免責許可決定は常に得られるものでしょうか。実はそうではありません。これは自己破産の手続きを依頼した弁護士との相談でも多かれ少なかれ問題になります。免責が許可されない理由を免責不許可事由といい、破産法では大きく分けて
・自己破産の手続き開始の前後で、借金その他の債務を増やしたり一部の債権者に有利に(または、不利に)振る舞う行為
・自己破産の申し立てにあたってウソや不正をする行為
・債務(借金その他の、お金を支払う義務)の発生の理由に照らして、免責を許すべきでない性質のもの
これらに当てはまる場合には免責が許可されなかったり、他の借金は免責されてもその債務だけが残る、というものもあります。
たとえば個人事業主として従業員に賃金を支払う義務や、親として子供に養育費を払う義務は自己破産をして免責許可が得られても、支払い義務がなくならないことになっています。これは他の人にお金を払う債務ではありますが、債務が発生した理由から考えると支払い義務がなくなることを認めるべきではない性質があるのです。免責不許可になるような理由で借金をした事実が明らかで程度が重大な場合には、免責そのものが認められないことになりますが弁護士ごとに判断がわかれることになるでしょう。

個人の自己破産の手続きでは、賃金や養育費などもともと支払い義務が免除されない債務のほか、免責許可が得られない、つまり免責不許可になる理由が定められています。これに該当するような借金がある場合、弁護士と相談のうえ自己破産の手続きをするかどうか慎重に検討する必要がでてきます。具体的な免責不許可事由で、借金の使い道や理由に該当するものには次のものがあります。
・借り入れの際に、他に借金がないと言うなど信用能力を偽って借りた
・浪費やギャンブルのために借金をした
・金利などの条件が他より異常に悪いことを知って、あえて借金をした
・一部の債権者にお金を返すためにお金を借りた
これらの理由でした借金がある場合、免責不許可事由にあたる可能性があります。お金を借りた使い道そのものが免責を許すようなものでない場合や、借金をすることで他の債権者に対して不利益や不平等を作り出した場合には免責が許可されない可能性があるのです。
ただし、免責不許可事由にあたる借金が厳密にはあるかもしれないとしても、自己破産の申立を行う弁護士の判断や対応によって免責が得られることも自己破産ではよくあります。裁判所は裁量免責といって、破産法上は免責不許可事由があっても免責の決定を出すことがあるためです。これは弁護士の経験や能力にも関わってきますので、自己破産の申し立て経験が豊富な弁護士に相談することをおすすめします。
The following two tabs change content below.
アバター

大江戸下町法律事務所

当事務所は、平成16年4月に開業し、弁護士1名、事務スタッフ3名でスタートしました。平成22年には、業務充実のため法人化し、支部を構え、現在弁護士8名(東京7名、柏1名)及び事務スタッフ10名強にて運営しております。いずれのオフィスも駅近で交通至便です。 |当事務所の弁護士紹介はこちら 事務所名は、先祖代々下町で暮らしてきた私の発想(我儘?)でつけました。 当事務所は「正しい人を守る」ための弁護士活動をしています。お金持ちにも、正しい人悪い人いずれもいますし、弱者にも、正しい人悪い人いずれもいます。いずれであっても、正当な人の正当な利益のために働きたいと考えております。 子細なことであっても結構です。お気軽にご相談ください。

関連記事はこちらをご覧ください。

  • 自己破産で土地はすべて処分されるのか?共同名義やローンが残っている場合は?
  • 自己破産後に車の購入ができるのか? ローンは組めるのか?
  • 同じ家に住み続けられる?自己破産後の住居について
  • 奨学金は借金、自己破産しても奨学金の返済義務はなくならない?
  • 妻に内緒で自己破産できるの?
  • 無職・フリーターだけど自己破産できる?
  • 生活保護受給者の自己破産(費用、手続き、タイミングなど)について
  • 自己破産が家族に与える影響とは
  • 自己破産が就労に与える影響
  • 自己破産したら家族に知られてしまうの?
  • 自己破産したら生命保険はどうなるの?
  • 自己破産した人でも遺産相続できるの?
  • 自己破産すると借金できないの?
  • 自己破産すると職業が制限されるのかどうかについて
  • 自己破産できない場合もあるの?
  • 自己破産でも保護される!所有が認められる自由財産とは
  • 自己破産で土地はすべて処分されるのか?共同名義やローンが残っている場合は?
  • 自己破産とカード会社の調査について
  • 自己破産によってどうった制限を受けるのか?
  • 自己破産による年金への影響は?
  • 自己破産と取り立てについて
  • 自己破産と夜逃げ
  • 自己破産と家の任意売却
  • 競売について
  • 自己破産と違法な取り立ての関係
  • 自己破産と離婚慰謝料について
  • 自己破産における裁量免責とは
  • 自己破産における賃貸借契約書について
  • 自己破産による銀行口座凍結について
  • 自己破産は何回もできるの?
  • 自己破産の際の資産・財産の処分について
  • 自己破産は子や孫にも影響する?
  • 自己破産を理由に解雇することは可能?
  • 自己破産を理由に離婚できる?
  • 自己破産を行うと滞納した借金はどうなるのか?
  • 自己破産を行った場合、住んでいるアパートから退去する必要があるのか?
  • 自己破産を選択した場合の住宅の取り扱い
  • 自己破産前のカード使用について
  • 自己破産前の資産譲渡について
  • 自己破産後にローンが組めるまで
  • 自己破産後に借金したらどうなるの?
  • 自己破産後に車の購入ができるのか? ローンは組めるのか?
  • 自己破産後のクレジットカードについて
  • 自己破産後の両親の財産相続
  • 自己破産後の住宅ローンはどうなる?
  • 自己破産後の医療費について
  • 自己破産後の就職活動について
  • 自己破産後の生活保護について
  • 自己破産後の財産分与について
  • 自己破産後の返済義務について
  • 自己破産手続き中の周りの家族に対しての連絡
  • 自己破産手続き期間は債務の状況で大きく変わります
  • 自己破産決断のタイミングはいつ行うべきか
  • 自己破産申請が通らなかった場合
  • 自己破産者への給与差押さえについて
  • 自己破産裁判所の審尋について
  • 詐偽的に自己破産した人について
  • 連帯保証人が自己破産した場合について
  • 連帯保証人と自己破産について
  • 過去に自己破産の経験がある人との結婚で被るデメリット
  • 任意整理中の自己破産は?
  • 個人事業主の自己破産について
  • 自己破産の原因は?
  • 交通事故債務による自己破産
  • 債務整理・自己破産・任意整理・個人再生の無料相談。まずはお問い合わせください。 東京:TEL:03-5807-2885 柏:TEL:047-193-8100 初回相談料0円 受付:平日9:30~19:00(土日応相談) メール受付>

    アクセス

    東京本店

     

    柏木支店

    アクセス