自己破産者への給与差押さえについて

この記事を読むのに必要な時間は約4分8秒です。

借金問題を解決する方法として自己破産があるのですが、その意味としましては裁判所に申し立てをすることにより債務免除を認定してもらうこととなります。そしてこの自己破産を認定してもらうことにより様々なメリットを享受することが出来る代わりにデメリットも存在しておりますので、しっかりと認識する必要性が報告されております。まずメリットに関してなのですが、大きなメリットとしましては自己破産が認定された時点におきまして、全ての債務が帳消しになる点であると考えられております。つまり債務者側からすれば、自己破産申請をして認定を受けることができれば債権者からの執拗な返済催促から逃れることができますので、精神的な負担をかなり軽減させることが可能となるのであります。また自己破産をしても少額ながら財産を手元に残すことができるのもメリットであると考えられます。デメリット面としましては、ブラックリストに掲載されてしまいますので10年程度新たな借入が不可能となってしまう点であります。そして自己破産を考える場合、法的な面における素人がこれらの申請をスムーズに行うことは困難であると考えられております。そのために利用したいのが弁護士事務所であり、特に借金問題に明るい弁護士事務所を選択して相談すればスムーズに手続きを進行させることができるとされております。
給与差押さえとは消費者金融業者などの債権者が、債権回収のために債務者の給与を差押さえるものであります。そしてこの給与差押さえは法的手続きの一種でありまして、債権者が裁判所に申請することにより実行されるものとされております。裁判所が申請書を吟味して給与差押さえを認定したならば、債務者が勤務している会社などに給与の一部を債権者へ支払うように命令しますので、債権者は給与の満額を手にすることができなくなります。ただし給与差押さえ申請によりまして給与全体を必ず差押さえできるものではなく、差押さえることができる範囲が法律によりまして定められております。ちなみに具体的な差押さえの範囲としましては、給与の支給額から法定の控除額を差し引いた残額で44万円を超過している場合には33万円を超えている範囲とされており、44万円以下の場合にはその4分の1とされています。そして当然のことながら給与差押さえが実行された場合におきましては、債務者に対しまして差押さえが実行された旨が通知されることとなっております。
債務者が債権の支払いを逃れるために自己破産を検討するならば、なるべく早急に行動した方が良いとされております。なぜならば債権者は債務者から債権を取り立てるために、給与差押さえを実行してくる可能性があるからなのです。この給与差押さえを解除するためには自己破産申請が裁判所によりまして認定される必要があり、認定されるまでに手間取ってしまいますと、その間の給与に関しては差押さえを免れることが出来ない可能性があるとされています。しかしながらスムーズに自己破産を裁判所に認定してもらう作業は難易度が高く、さらに給与差押さえを解除したい場合には給与差押さえ停止の申請書および給与差押さえの解除申請や執行停止手続き申請などを行わなければならないとされております。そのために活用したいのが弁護士事務所ということになるのですが、借金問題の解決を専門に行っている弁護士の先生に依頼すればスムーズな解決を期待することが可能とされています。この弁護士事務所へ依頼することのメリットとしましては自分で申請する手間が省けるだけではなく、豊富な解決例を有しておりますので的確なアドバイスを得ることができる点にあるとされております。一方デメリット面として考えられておりますのは、弁護士費用が必要となる点とされています。この弁護士費用に関しましては弁護士事務所によりまして差があるとされており、また依頼主と弁護士との相性も重要とされておりますので情報収集しっかりとする必要性が指摘されております。
The following two tabs change content below.
アバター

大江戸下町法律事務所

当事務所は、平成16年4月に開業し、弁護士1名、事務スタッフ3名でスタートしました。平成22年には、業務充実のため法人化し、支部を構え、現在弁護士8名(東京7名、柏1名)及び事務スタッフ10名強にて運営しております。いずれのオフィスも駅近で交通至便です。 |当事務所の弁護士紹介はこちら 事務所名は、先祖代々下町で暮らしてきた私の発想(我儘?)でつけました。 当事務所は「正しい人を守る」ための弁護士活動をしています。お金持ちにも、正しい人悪い人いずれもいますし、弱者にも、正しい人悪い人いずれもいます。いずれであっても、正当な人の正当な利益のために働きたいと考えております。 子細なことであっても結構です。お気軽にご相談ください。

関連記事はこちらをご覧ください。

  • 自己破産で土地はすべて処分されるのか?共同名義やローンが残っている場合は?
  • 自己破産後に車の購入ができるのか? ローンは組めるのか?
  • 同じ家に住み続けられる?自己破産後の住居について
  • 奨学金は借金、自己破産しても奨学金の返済義務はなくならない?
  • 妻に内緒で自己破産できるの?
  • 無職・フリーターだけど自己破産できる?
  • 生活保護受給者の自己破産(費用、手続き、タイミングなど)について
  • 自己破産が家族に与える影響とは
  • 自己破産が就労に与える影響
  • 自己破産が認められないタイプの借金とは
  • 自己破産したら家族に知られてしまうの?
  • 自己破産したら生命保険はどうなるの?
  • 自己破産した人でも遺産相続できるの?
  • 自己破産すると借金できないの?
  • 自己破産すると職業が制限されるのかどうかについて
  • 自己破産できない場合もあるの?
  • 自己破産でも保護される!所有が認められる自由財産とは
  • 自己破産で土地はすべて処分されるのか?共同名義やローンが残っている場合は?
  • 自己破産とカード会社の調査について
  • 自己破産によってどうった制限を受けるのか?
  • 自己破産による年金への影響は?
  • 自己破産と取り立てについて
  • 自己破産と夜逃げ
  • 自己破産と家の任意売却
  • 競売について
  • 自己破産と違法な取り立ての関係
  • 自己破産と離婚慰謝料について
  • 自己破産における裁量免責とは
  • 自己破産における賃貸借契約書について
  • 自己破産による銀行口座凍結について
  • 自己破産は何回もできるの?
  • 自己破産の際の資産・財産の処分について
  • 自己破産は子や孫にも影響する?
  • 自己破産を理由に解雇することは可能?
  • 自己破産を理由に離婚できる?
  • 自己破産を行うと滞納した借金はどうなるのか?
  • 自己破産を行った場合、住んでいるアパートから退去する必要があるのか?
  • 自己破産を選択した場合の住宅の取り扱い
  • 自己破産前のカード使用について
  • 自己破産前の資産譲渡について
  • 自己破産後にローンが組めるまで
  • 自己破産後に借金したらどうなるの?
  • 自己破産後に車の購入ができるのか? ローンは組めるのか?
  • 自己破産後のクレジットカードについて
  • 自己破産後の両親の財産相続
  • 自己破産後の住宅ローンはどうなる?
  • 自己破産後の医療費について
  • 自己破産後の就職活動について
  • 自己破産後の生活保護について
  • 自己破産後の財産分与について
  • 自己破産後の返済義務について
  • 自己破産手続き中の周りの家族に対しての連絡
  • 自己破産手続き期間は債務の状況で大きく変わります
  • 自己破産決断のタイミングはいつ行うべきか
  • 自己破産申請が通らなかった場合
  • 自己破産裁判所の審尋について
  • 詐偽的に自己破産した人について
  • 連帯保証人が自己破産した場合について
  • 連帯保証人と自己破産について
  • 過去に自己破産の経験がある人との結婚で被るデメリット
  • 任意整理中の自己破産は?
  • 個人事業主の自己破産について
  • 自己破産の原因は?
  • 交通事故債務による自己破産
  • 債務整理・自己破産・任意整理・個人再生の無料相談。まずはお問い合わせください。 東京:TEL:03-5807-2885 柏:TEL:047-193-8100 初回相談料0円 受付:平日9:30~19:00(土日応相談) メール受付>

    アクセス

    東京本店

     

    柏木支店

    アクセス