自己破産前の資産譲渡について

この記事を読むのに必要な時間は約3分17秒です。

どういう事情があっても借金をしたら、それを返済するのが当然の義務です。しかし残念ながら状況によっては、それも叶わない事も多く見られます。そうした場合に簡単に言えば免責、つまり借金を帳消しに出来る救済策があります。それは自己破産と呼ばれており主に弁護士によって手続きがおこなわれるものです。しかし借りている側からしてみれば願ってもない制度ですが、逆に貸している債権者側からしてみればたまったものではありません。
もちろん債権者側も、自己破産される可能性を予見している訳です。例えば銀行や消費者金融であれば、そのリスクを加味した上で経営をおこなっており、結果、それが利息に反映されたり、審査の厳しさに影響します。また自己破産をおこなうにしても、その審査基準は決して甘くありません。まず自己破産についてですが、それをおこなったかたと言って必ず免責される訳ではありません。自己破産が認められた後、免責されるかの審査となりますが、この場合に債務者の正当性が問われます。
自己破産の後、まず裁判所に言って面談がおこなわれます。この際に自身が借金をした理由であったり、反省の言葉などを述べる事になるでしょう。また裁判所によって資産の有無なども調べられるので不正も出来ないようになっています。借金をする理由はそれぞれです。商売の為に仕方なくした人もいれば、軽い気持ちでお金を借りてしまい、そのまま借金が膨らんでしまった人もいるでしょう。もちろん、後者の理由だからといって自業自得で済まされる問題ではなく、一度の過ちなら誰にもあり得る訳ですから、それなりに救済されるべきかもしれません。
自己破産は個人でも申し立てる事が出来ますが、やはり弁護士に依頼をした方が無難です。弁護士を伴う事で裁判所に対して信頼を得られやすいでしょうし、法律の専門家としてアドバイスもしてくれます。もちろん自己破産の手続きなども個人がやるには大変ですし、何度も足を運ばなくてはならないので時間も手間も掛かります。その点でも弁護士に依頼したほうがいいでしょう。
しかし自己破産は決して良いことばかりではなく、大きな制約も受けます。まず、今持っている資産のうち没収されてしまうものもあるでしょう。預貯金額も一定額以上は持てませんし、手持ちにおける現金も同様です。また物品に関しても一定額以上のものも没収の対象となってしまいます。これは自動車も含まれており、もし仕事で使用するのであれば、困ることになるでしょう。自動車の評価額によって変わってきますが、だからといって故意に評価額を下げる行為をおこなうのは違法です。
また自己破産後はしばらくの間、ブラックリストに載ってしまうので、クレジットカードを作る事が出来ませんし、新たに借金をする事も出来ません。また自身が免責されても連帯保証人に債務が移るので、迷惑を掛けてしまう事にもなります。そして免責が認められなければ、自己破産のデメリットばかり受けてしまい借金が残る事にもなりかねません。したがってアドバイスも含めて弁護士に相談しましょう。また弁護士から自己破産以外の方法も提示されるかもしれません。
The following two tabs change content below.
アバター

大江戸下町法律事務所

当事務所は、平成16年4月に開業し、弁護士1名、事務スタッフ3名でスタートしました。平成22年には、業務充実のため法人化し、支部を構え、現在弁護士8名(東京7名、柏1名)及び事務スタッフ10名強にて運営しております。いずれのオフィスも駅近で交通至便です。 |当事務所の弁護士紹介はこちら 事務所名は、先祖代々下町で暮らしてきた私の発想(我儘?)でつけました。 当事務所は「正しい人を守る」ための弁護士活動をしています。お金持ちにも、正しい人悪い人いずれもいますし、弱者にも、正しい人悪い人いずれもいます。いずれであっても、正当な人の正当な利益のために働きたいと考えております。 子細なことであっても結構です。お気軽にご相談ください。

関連記事はこちらをご覧ください。

  • 自己破産で土地はすべて処分されるのか?共同名義やローンが残っている場合は?
  • 自己破産後に車の購入ができるのか? ローンは組めるのか?
  • 同じ家に住み続けられる?自己破産後の住居について
  • 奨学金は借金、自己破産しても奨学金の返済義務はなくならない?
  • 妻に内緒で自己破産できるの?
  • 無職・フリーターだけど自己破産できる?
  • 生活保護受給者の自己破産(費用、手続き、タイミングなど)について
  • 自己破産が家族に与える影響とは
  • 自己破産が就労に与える影響
  • 自己破産が認められないタイプの借金とは
  • 自己破産したら家族に知られてしまうの?
  • 自己破産したら生命保険はどうなるの?
  • 自己破産した人でも遺産相続できるの?
  • 自己破産すると借金できないの?
  • 自己破産すると職業が制限されるのかどうかについて
  • 自己破産できない場合もあるの?
  • 自己破産でも保護される!所有が認められる自由財産とは
  • 自己破産で土地はすべて処分されるのか?共同名義やローンが残っている場合は?
  • 自己破産とカード会社の調査について
  • 自己破産によってどうった制限を受けるのか?
  • 自己破産による年金への影響は?
  • 自己破産と取り立てについて
  • 自己破産と夜逃げ
  • 自己破産と家の任意売却
  • 競売について
  • 自己破産と違法な取り立ての関係
  • 自己破産と離婚慰謝料について
  • 自己破産における裁量免責とは
  • 自己破産における賃貸借契約書について
  • 自己破産による銀行口座凍結について
  • 自己破産は何回もできるの?
  • 自己破産の際の資産・財産の処分について
  • 自己破産は子や孫にも影響する?
  • 自己破産を理由に解雇することは可能?
  • 自己破産を理由に離婚できる?
  • 自己破産を行うと滞納した借金はどうなるのか?
  • 自己破産を行った場合、住んでいるアパートから退去する必要があるのか?
  • 自己破産を選択した場合の住宅の取り扱い
  • 自己破産前のカード使用について
  • 自己破産後にローンが組めるまで
  • 自己破産後に借金したらどうなるの?
  • 自己破産後に車の購入ができるのか? ローンは組めるのか?
  • 自己破産後のクレジットカードについて
  • 自己破産後の両親の財産相続
  • 自己破産後の住宅ローンはどうなる?
  • 自己破産後の医療費について
  • 自己破産後の就職活動について
  • 自己破産後の生活保護について
  • 自己破産後の財産分与について
  • 自己破産後の返済義務について
  • 自己破産手続き中の周りの家族に対しての連絡
  • 自己破産手続き期間は債務の状況で大きく変わります
  • 自己破産決断のタイミングはいつ行うべきか
  • 自己破産申請が通らなかった場合
  • 自己破産者への給与差押さえについて
  • 自己破産裁判所の審尋について
  • 詐偽的に自己破産した人について
  • 連帯保証人が自己破産した場合について
  • 連帯保証人と自己破産について
  • 過去に自己破産の経験がある人との結婚で被るデメリット
  • 任意整理中の自己破産は?
  • 個人事業主の自己破産について
  • 自己破産の原因は?
  • 交通事故債務による自己破産
  • 債務整理・自己破産・任意整理・個人再生の無料相談。まずはお問い合わせください。 東京:TEL:03-5807-2885 柏:TEL:047-193-8100 初回相談料0円 受付:平日9:30~19:00(土日応相談) メール受付>

    アクセス

    東京本店

     

    柏木支店

    アクセス