自己破産後の住宅ローンはどうなる?

この記事を読むのに必要な時間は約4分20秒です。

自己破産という選択をしなくてはならなくなった場合、現在支払中の住宅ローンはどうなるのでしょうか?ここでは、何らかの理由で住宅ローンを滞納していて、自己破産を検討している方へおすすめの手続きをご紹介します。自己破産とは、債務者が経済的に破綻して、債権者に対して債務を一般的・継続的に弁済することができない状態にあること、です。自己破産後は、裁判所が選任する破産管財人によって債務者の財産を包括的に管理・換価して、債権者に公平に配分されます。そのため所持している不動産=財産もすべて取り上げられます。自己破産をすると弁護士などに手続きを依頼して時点で債権者からの取り立てがなくなります。また、自己破産の免責が決定した時点ですべての債務がなくなります。ですので、土地や自宅などの不動産も取り上げられますが支払中の住宅ローンは免責という形になります。ですが、不動産という「財産」を所持したまま自己破産手続きを進めると、「同時廃止事件」ではなく「管財事件」として扱われることになり、債務者は予納金(20万円程度)を支払義務が生じます。財産を所持したままの自己破産は相談中の弁護士や債権者への心象も悪く、その後の交渉がうまくいかなくなる場合があります。ですので、こちらでは、「任意売却」をしてから自己破産、という順番をお勧めします。もっと詳しく知りたい方は信頼できる弁護士に相談しましょう。
「任意売却」とは住宅ローン等を数か月滞納し返済困難な状況に陥った場合、金融機関が自ら不動産を競売などにかけ債権回収を図ります。この時点で弁護士に相談を依頼する方も居ます。銀行や保証会社の同意があれば、所有者=債務者の意思で不動産を一般の市場で売却が可能となります。ですが、任意売却は債権者や連帯債務者や連帯保証人の同意を得る必要もあります。1つ目のメリットとしては、競売より落札価格が高くなる事が望め、残債の圧縮につながります。不動産価格の下落や自宅の老朽化により、ローン残債を満たす額にはならない事が多くあります。ですが競売よりは落札価格が高く債務者・債権者にとって有効な手段と言えます。弁護士や任意売却の業者の仲介により所有者=債務者と購入希望者の取引が為される為、自分の納得する価格での交渉が可能なうえ、競売では不可とされる引っ越し時期の交渉や引っ越し代を残す事も可能なのです。2つ目のメリットは近所の人に知られずに売却ができる事です。競売は新聞やインターネットなどに掲載され、近所や知人や見知らぬ人にまでその情報が知られてしまいますが任意売却はそのような事がありません。ですが、一連のメリットを享受するためにも、時間の限られた中でスムーズに取引を進めるためにも、まずは信頼の出来る弁護士に相談をしましょう。
上記とは異なるケースで、自己破産後に住宅ローンを組みたい場合、どのようなケースがあるのでしょうか?自己破産後は住宅ローンの審査など10年は難しいと言われています。弁護士を通して自己破産を申請し、免責許可が下りてから自己破産となり、しばらくはお金も借りることが出来ません。日本には「個人信用情報機関」が4つあり、金融機関や保証会社はその4つのうちいずれかもしくは複数の情報機関に加盟し、情報を得ていますがこの中に「官報情報」も登録してあります。自己破産も官報に掲載される情報なので、ローン審査に「官報情報」を使用している銀行や金融機関で審査を受けると審査に多大や影響がある、ということになります。この「個人信用情報機関」の一部では、「官報情報」の登録期間を「10年」と定めているので、「10年は審査が通らない」という通説になっているのです。法律上は自己破産後にローンを組んではいけないという規制はありません。この、情報期間に自分の情報が載っているかどうかなどの細かな事も弁護士に相談できます。信用情報機関の個人情報は本人が照会する事も出来るので、住宅ローンの審査を申し込む前に、各機関で自分の情報を確認し、不当に情報が残っているようであれば削除を依頼する事もできるのです。金融機関に対する信用を取り戻していく事で住宅ローン審査も通るようになる、と言えるでしょう。
The following two tabs change content below.
アバター

大江戸下町法律事務所

当事務所は、平成16年4月に開業し、弁護士1名、事務スタッフ3名でスタートしました。平成22年には、業務充実のため法人化し、支部を構え、現在弁護士8名(東京7名、柏1名)及び事務スタッフ10名強にて運営しております。いずれのオフィスも駅近で交通至便です。 事務所名は、先祖代々下町で暮らしてきた私の発想(我儘?)でつけました。 当事務所は「正しい人を守る」ための弁護士活動をしています。お金持ちにも、正しい人悪い人いずれもいますし、弱者にも、正しい人悪い人いずれもいます。いずれであっても、正当な人の正当な利益のために働きたいと考えております。 子細なことであっても結構です。お気軽にご相談ください。
アバター

最新記事 by 大江戸下町法律事務所 (全て見る)

関連記事はこちらをご覧ください。

  • 自己破産で土地はすべて処分されるのか?共同名義やローンが残っている場合は?
  • 自己破産後に車の購入ができるのか? ローンは組めるのか?
  • 同じ家に住み続けられる?自己破産後の住居について
  • 奨学金は借金、自己破産しても奨学金の返済義務はなくならない?
  • 妻に内緒で自己破産できるの?
  • 無職・フリーターだけど自己破産できる?
  • 生活保護受給者の自己破産(費用、手続き、タイミングなど)について
  • 自己破産が家族に与える影響とは
  • 自己破産が就労に与える影響
  • 自己破産が認められないタイプの借金とは
  • 自己破産したら家族に知られてしまうの?
  • 自己破産したら生命保険はどうなるの?
  • 自己破産した人でも遺産相続できるの?
  • 自己破産すると借金できないの?
  • 自己破産すると職業が制限されるのかどうかについて
  • 自己破産できない場合もあるの?
  • 自己破産でも保護される!所有が認められる自由財産とは
  • 自己破産で土地はすべて処分されるのか?共同名義やローンが残っている場合は?
  • 自己破産とカード会社の調査について
  • 自己破産によってどうった制限を受けるのか?
  • 自己破産による年金への影響は?
  • 自己破産と取り立てについて
  • 自己破産と夜逃げ
  • 自己破産と家の任意売却
  • 競売について
  • 自己破産と違法な取り立ての関係
  • 自己破産と離婚慰謝料について
  • 自己破産における裁量免責とは
  • 自己破産における賃貸借契約書について
  • 自己破産による銀行口座凍結について
  • 自己破産は何回もできるの?
  • 自己破産の際の資産・財産の処分について
  • 自己破産は子や孫にも影響する?
  • 自己破産を理由に解雇することは可能?
  • 自己破産を理由に離婚できる?
  • 自己破産を行うと滞納した借金はどうなるのか?
  • 自己破産を行った場合、住んでいるアパートから退去する必要があるのか?
  • 自己破産を選択した場合の住宅の取り扱い
  • 自己破産前のカード使用について
  • 自己破産前の資産譲渡について
  • 自己破産後にローンが組めるまで
  • 自己破産後に借金したらどうなるの?
  • 自己破産後に車の購入ができるのか? ローンは組めるのか?
  • 自己破産後のクレジットカードについて
  • 自己破産後の両親の財産相続
  • 自己破産後の医療費について
  • 自己破産後の就職活動について
  • 自己破産後の生活保護について
  • 自己破産後の財産分与について
  • 自己破産後の返済義務について
  • 自己破産手続き中の周りの家族に対しての連絡
  • 自己破産手続き期間は債務の状況で大きく変わります
  • 自己破産決断のタイミングはいつ行うべきか
  • 自己破産申請が通らなかった場合
  • 自己破産者への給与差押さえについて
  • 自己破産裁判所の審尋について
  • 詐偽的に自己破産した人について
  • 連帯保証人が自己破産した場合について
  • 連帯保証人と自己破産について
  • 過去に自己破産の経験がある人との結婚で被るデメリット
  • 任意整理中の自己破産は?
  • 個人事業主の自己破産について
  • 自己破産の原因は?
  • 交通事故債務による自己破産
  • 債務整理・自己破産・任意整理・個人再生の無料相談。まずはお問い合わせください。 東京:TEL:03-5807-2885 柏:TEL:047-193-8100 初回相談料0円 受付:平日9:30~19:00(土日応相談) メール受付>