個人事業主の自己破産について

この記事を読むのに必要な時間は約4分4秒です。

自己破産する人の中には自営業者の方や個人事業主の方も居ます。その方々が自己破産した場合、手続きやその後の生活はどうなるのでしょうか?個人事業は続けられるのでしょうか?という質問が弁護士に多数寄せられています。結論から言うと個人事業は続けられます。法律では自己破産後、破産前と同じ事業を行ってはいけないという法律はありません。法人・会社は自己破産すると事業主体である会社が無くなってしまいますので、事業を継続する事が出来ません。ですが個人事業の場合は事業主本人が居なくなるわけではないので、事業を継続する事が出来ます。ですが、法律に詳しい弁護士からの答えとしては法律上は可能ですと言いますが、実際問題、自己破産をした事によって、新規の借り入れや銀行からの融資も受ける事が難しくなります。なぜなら、自己破産すると、日本に4社ある「個人信用情報機関」に自己破産の情報が登録され、融資先の金融機関の審査を受ける際にチェックされ、審査が下りないという事態が発生します。自己破産の情報が掲載される「官報」は10年の掲載期間があるため、10年は新規借り入れが出来ないと一般的に言われています。融資が受けられないと事業継続も難しいと弁護士の立場からも言わざるを得ません。
また事業継続の難しさとして、自己破産と同時に一定の財産も処分しなくてはなりません。生活に必要な財産と事業に必要な機械なども、自由財産として処分しなくても良いとされています。ですが、ほとんどの事業に必要な資産、財産が取り立ての対象となってしまいますので、事業継続が難しい状況になるのです。また、借金を帳消しにする代わりに「信用」を失いってしまった状態なので、取引先や顧客の信用もゼロになってしまっているのです。取引先や顧客を失っては事業の継続も難しいのです。個人事業主の方も自己破産という選択の前に、法律の専門家である弁護士に相談し、残債処理と事業継続の可能性、従業員の生活を守る手段を是非検討してください。自己破産をすると、従業員との雇用契約や事業所の賃貸契約なども解消しなければ行けなくなります。従業員を雇用し続ける事や事業所も借りられないのでは事業継続はやはり難しいのです。ですがそれでも自己破産という選択をする場合、手続きはどのようにしたら良いのでしょうか。個人事業主の自己破産は個人や法人のそれとも異なりますので、まずは弁護士に相談して、適切な進め方をすることをお勧めします。こちらでは大まかな流れを次にご紹介します。
個人事業主の方が自己破産する場合には破産管財人が選任される場合とそうでない場合があります。自己破産した時点で事業財産や債券を有している場合、財産の調査の為管財人が選定され「管財事件」となります。財産が無いことが明白な場合や、個人事業を廃業してから3年ほど経過していると破産管財人は立てられず「同時廃止」として、一般の方と同じような手続きの流れになってきます。「管財事件」の場合は手続きに必要な経費が高額になってきます。その点も注意が必要であるという事が弁護士の間でも一般的です。「管財事件」になった場合、個人事業の為に有していた財産は自己破産後は自由に処分する事が出来なくなり、「破産財団」という団体に所有権が移ります。破産管財人はこの財産や個人所有の土地や建物も債権者に分配する為、調査を行います。この調査や換金する為の売却手続きに時間がかかるため、管財事件になった場合は手続き終了までに半年ほどかかるケースもあります。この後、申立人(債務者)、居る場合は代理人(弁護士)、破産管財人や裁判所が審尋の上、破産手続きの開始が決定します。その後、申立人と管財人が再度面談を行い、詳しい状況を管財人が聞き取ります。この席でも代理人として弁護士が同席する事ができます。個人事業主の方の自己破産は複雑な部分もあるので、まずは信頼できる弁護士に相談しましょう。
The following two tabs change content below.
アバター

大江戸下町法律事務所

当事務所は、平成16年4月に開業し、弁護士1名、事務スタッフ3名でスタートしました。平成22年には、業務充実のため法人化し、支部を構え、現在弁護士8名(東京7名、柏1名)及び事務スタッフ10名強にて運営しております。いずれのオフィスも駅近で交通至便です。 事務所名は、先祖代々下町で暮らしてきた私の発想(我儘?)でつけました。 当事務所は「正しい人を守る」ための弁護士活動をしています。お金持ちにも、正しい人悪い人いずれもいますし、弱者にも、正しい人悪い人いずれもいます。いずれであっても、正当な人の正当な利益のために働きたいと考えております。 子細なことであっても結構です。お気軽にご相談ください。
アバター

最新記事 by 大江戸下町法律事務所 (全て見る)

関連記事はこちらをご覧ください。

  • 自己破産で土地はすべて処分されるのか?共同名義やローンが残っている場合は?
  • 自己破産後に車の購入ができるのか? ローンは組めるのか?
  • 同じ家に住み続けられる?自己破産後の住居について
  • 奨学金は借金、自己破産しても奨学金の返済義務はなくならない?
  • 妻に内緒で自己破産できるの?
  • 無職・フリーターだけど自己破産できる?
  • 生活保護受給者の自己破産(費用、手続き、タイミングなど)について
  • 自己破産が家族に与える影響とは
  • 自己破産が就労に与える影響
  • 自己破産が認められないタイプの借金とは
  • 自己破産したら家族に知られてしまうの?
  • 自己破産したら生命保険はどうなるの?
  • 自己破産した人でも遺産相続できるの?
  • 自己破産すると借金できないの?
  • 自己破産すると職業が制限されるのかどうかについて
  • 自己破産できない場合もあるの?
  • 自己破産でも保護される!所有が認められる自由財産とは
  • 自己破産で土地はすべて処分されるのか?共同名義やローンが残っている場合は?
  • 自己破産とカード会社の調査について
  • 自己破産によってどうった制限を受けるのか?
  • 自己破産による年金への影響は?
  • 自己破産と取り立てについて
  • 自己破産と夜逃げ
  • 自己破産と家の任意売却
  • 競売について
  • 自己破産と違法な取り立ての関係
  • 自己破産と離婚慰謝料について
  • 自己破産における裁量免責とは
  • 自己破産における賃貸借契約書について
  • 自己破産による銀行口座凍結について
  • 自己破産は何回もできるの?
  • 自己破産の際の資産・財産の処分について
  • 自己破産は子や孫にも影響する?
  • 自己破産を理由に解雇することは可能?
  • 自己破産を理由に離婚できる?
  • 自己破産を行うと滞納した借金はどうなるのか?
  • 自己破産を行った場合、住んでいるアパートから退去する必要があるのか?
  • 自己破産を選択した場合の住宅の取り扱い
  • 自己破産前のカード使用について
  • 自己破産前の資産譲渡について
  • 自己破産後にローンが組めるまで
  • 自己破産後に借金したらどうなるの?
  • 自己破産後に車の購入ができるのか? ローンは組めるのか?
  • 自己破産後のクレジットカードについて
  • 自己破産後の両親の財産相続
  • 自己破産後の住宅ローンはどうなる?
  • 自己破産後の医療費について
  • 自己破産後の就職活動について
  • 自己破産後の生活保護について
  • 自己破産後の財産分与について
  • 自己破産後の返済義務について
  • 自己破産手続き中の周りの家族に対しての連絡
  • 自己破産手続き期間は債務の状況で大きく変わります
  • 自己破産決断のタイミングはいつ行うべきか
  • 自己破産申請が通らなかった場合
  • 自己破産者への給与差押さえについて
  • 自己破産裁判所の審尋について
  • 詐偽的に自己破産した人について
  • 連帯保証人が自己破産した場合について
  • 連帯保証人と自己破産について
  • 過去に自己破産の経験がある人との結婚で被るデメリット
  • 任意整理中の自己破産は?
  • 自己破産の原因は?
  • 交通事故債務による自己破産
  • 債務整理・自己破産・任意整理・個人再生の無料相談。まずはお問い合わせください。 東京:TEL:03-5807-2885 柏:TEL:047-193-8100 初回相談料0円 受付:平日9:30~19:00(土日応相談) メール受付>